外国のカニ事情とは

カニは日本では高級食材として位置づけられており、
様々な種類のカニが市場に出回っているものの、
基本的にすべてのカニがその他の食材と比べて高く設定されている場合が多く、
1匹のカニを手に入れるために1万円以上かかることも珍しくありませんが、
最近ではカニ通販によってお得にカニが手に入るようになっていることから、
カニは一般家庭でも食されるようになりました。

 

これだけ美味しい食材は無いのではないかと言われるほど、
カニが好きな日本人ですが、カニに対しての価値観は海外に比べると温度差があるとも言われており、
同じカニでも海外に行くと高値で売られていないケースもあります。

 

これは海外と日本の食文化も関係していると言われていますが、
見た目から嫌われている国も多く、カニ文化が日本のように発展しているのは、
日本以外には無いと言われており、カニが高級食材と持て囃されているのも日本くらいとなっています。

 

もちろんカニを食材として使用するところもありますが、
お祝いの日にカニが食卓に出るということや、
何か大事なイベントがある場合にカニが出るというケースは少なくなっています。

 

そのため、海外では日本に比べるとカニの単価が安いケースも多いことから、
独自に海外から取り寄せて販売している業者も多く、
特に日本海を挟んで隣になる韓国やロシアからのカニ輸入は多くなっています。

 

日本で売られているカニの中には海外産も多いので、
産地にこだわりがあるなら通販で購入する場合は特に注意が必要です。