カニの食文化の始まり

通販が普及して格安のカニが手に入るようになったとは言っても、
まだまだカニは高級食材としての地位を築いていますが、
外国から見ても日本のカニに対する価値観は非常に高いと言われており、
カニの食文化については日本が独自に発展を遂げていったとも言われています。

 

日本で言われている高級ガニと言えば、タラバガニやズワイガニ、
毛ガニなどを連想する人が多いと思いますが、これらのカニは深海に住むカニということで、
市場に多く出回るようになったのは、漁の技術が発達した明治頃からだと言われています。

 

しかし、これらのカニが漁で獲れるようになった当初は需要もあまり無かったため、
廃棄処分にされる場合が多く、今でこそ考えられませんが、
タラバガニやズワイガニが山積みになって廃棄されていた時代もありました。

 

それからは徐々にカニの美味しさが知れ渡るようになり、
全国的にカニが高級食材と言われるようになりましたが、
カニを冷凍する技術が無かったことに加えて、物流も今ほどでは無かったので、
現地の人しか口にすることはできませんでした。

 

今では、冷凍保存技術が上がったことに加えて、
空輸なども可能になったので、鮮度を落とさない状態で全国各地に現地から配送することが可能になりましたが、
それに伴って一般家庭でもカニが普及することになりました。

 

また、昔に比べると海外からの輸入も容易になったので、
今後はよりカニが一般家庭に普及すると予想されています。