幻と言われる花咲ガニ

大型のカニと言えば、タラバガニをイメージする人が少なくないと思いますが、
それに次いで大きいと言われているのが、花咲ガニと呼ばれるカニで、
カニ通販サイトで時々見かけることがあるカニですが、
タラバガニと一緒でカニという分類ではなくヤドカリという分類になっています。
花咲
ただし、ヤドカリの仲間だからといって他のカニと食味が大きく異なるかと言われると、
実際はそうでもなく、味はしっかりカニの味なので、あまり意識しなくても良いところなのですが、
カニが大きいという理由や見た目に関してはヤドカリに関連があると言われています。

 

タラバガニは比較的漁場が広いため安定して水揚げされていますが、
花咲ガニは幻のカニとも呼ばれるくらい希少性の高いカニとして知られていて、
カニ通販が普及するまでは市場に普及することはあまり無く地域の人だけが食べられるカニでした。

 

しかし、カニ通販が普及したことに加えて、
北海道から冷凍保存をして全国各地にカニを配送できる環境が整ったことによって、
花咲ガニも全国の家庭に送り届けることが可能になっています。

 

希少性のあるカニということで、売られている金額はかなり高額になるのではないかと思う人も多いと思いますが、
決して安いとは言えないものの、その希少性から考えると安いとも言えます。

 

花咲ガニが高価ではない理由としては、世間的にあまり知られないことが理由となっており、
ブランド化が進んでないというのも理由の一つとして言われています。