カニの栄養分

日本において、カニは高級食材というイメージが強いため、
あまり健康食材や美容食材と言われることはないのですが、
これはカニが高価ということで健康や美容を目的として食する場合に、
よほどの資産がない限りは継続的にカニを食するのが難しいためで、
本来は美容に対しても健康に対しても効果的な成分がカニにはたくさん含まれています。

 

通販の中には、わけあり商品と呼ばれる単価の非常に安いカニを売っているところがありますが、
このような単価の非常に安いカニになると安くカニを仕入れることができるため、
継続的に食することも可能になり、美容や健康目的で食されるケースもあります。

 

カニに含まれている栄養分の中で特に体に良いと言われているのが、
タウリンと呼ばれる栄養分ですが、栄養ドリンクに含まれている成分でお馴染みのタウリンは血中コレステロールの低下に寄与し、
体の疲労回復に対しての効果もあると言われています。

 

また、カニにはエビと同じく豊富なカルシウムが含まれていることでも知られていて、
カルシウムと言えば、体の骨を構成している物質なので、骨を丈夫にする効果の期待ができますが、
カルシウムにはストレス軽減物質も多く含まれているため、イライラしている場合でもイライラ解消の効果が実感できます。

 

カニは非常にカロリーの低い食材なので、
たくさんカニを食べても体重が増えにくいということから健康だけでなくダイエット食材としても効果が高いと言われています。