生産地に注目

通販でカニを選ぶ場合に考えたいのが、カニの生産地ですが、
基本的にカニ通販で売られているカニは北海道近海や日本海で取れるカニなど、
冷海水温域で取れるカニがメインとなっていますが、特に北海道周辺は様々なカニが取れるということでカニの好漁場となっています。

 

そのため、通販で売られているカニはこれらの地域で取れたカニが多くなっていますが、
それ以上に外国産のカニが多くなっており特にロシアからの輸入は多くなっています。

 

食材を選ぶ場合に、外国産よりも国産の方が良いという人は多くいると思いますが、
なぜ外国産より国産の方が良いかと言われると返答に困る人も多くいます。

 

カニに関しても国産にこだわる人が多くいますが、当然ながら生のカニになると外国から生きたまま輸入することは難しいので、
国産のカニではないと難しくなりますが、冷凍のカニになると外国からの輸入でも安く輸入することが可能で、国産のカニより安く買える場合もあります。

 

さらに言うと、カニ通販で売られているカニのほとんどは冷海水温を好みますが、
冷海水温ほどカニは元気になるため、栄養分もそれだけ多く含まれるようになるのですが、
北海道は日本で見ると冷海水温となっているものの、世界から見ると温かい水温と見ることもできます。

 

そのため、北海道近海で取れるカニよりもさらに低い海水温で取れたカニの方が食味に優れている場合も多いので、
カニを選ぶ場合に限っては国産よりも外国産の方が良いケースもあります。