カニの生態

高級食材と知られるカニですが、昔に比べると冷凍技術の進歩や物流の進歩、
そしてインターネットの普及によってカニ通販サイトを利用することで、
お手頃価格でカニを購入することができるようになりましたが、
食材としてのカニはあまり馴染みないものの、小さなカニならいろいろなところで見る機会があると思います。

 

近くの川や海に行くと、カニの大群を見る機会もありますが、
ここで見ることのできるカニは大体小さなカニがメインとなっていて、
市場で見られるような大きなカニは近くでは見ることができません。

 

身近な川や海に生息しているカニも食用とされる場合がありますが、
基本的にこのたくさん摂れるカニは高級食材と呼ばれているカニとは全くの別物で、売られることもあまりありません。

 

カニ通販で見られるカニのほとんどは深海に住んでいるカニで、
光も届かないようなところで生活しているため、カニはあのような独特な色をしていると言われています。

 

ちなみにカニ歩きという言葉があるように、
カニは横に向いて歩くのが一般的と言われていますが、
この横に歩くカニは身近な海や川にいるカニから連想されているもので、
深海に住んでいるカニの中には横歩き以外の歩き方ができるカニも多くいます。

 

また、カニは硬い甲羅を持っているのが特徴的で、
カニの種類によらず大体の場合がカニの甲がありますが、
このカニの甲羅はカニの内臓を守る役割をしていて、
亀の甲羅が果たす役割と似ている部分もあります。