日本のカニの価値

カニと言えば、高級食材というイメージがしっかり付いている日本ですが、
日本では日頃から食される食材というよりは、祝いごとや人が集まる席などでカニ料理が振る舞われるのが一般的となっていますが、
昔に比べるとカニの単価は下がってきているものの、まだまだ日本においてカニは価値の高い食材という位置づけになっています。

 

最近では通販が普及したことによって、わざわざ北海道やカニの名産地である日本海まで足を運ぶ必要は無くなりましたが、
カニ通販が普及して一般家庭でもインターネットとインターネットを使用できる機械さえあれば、カニをいつでも頼むことができるようになっています。

 

また、一昔前までは冷凍技術が進んでいなかったことによって、冷凍のカニは美味しくないというのが一般的な意見として浸透していましたが、
最近では冷凍技術が進歩して瞬間冷却することができるようになったので、カニが本来持つ風味を逃すことなくカニが自宅にまで届くようになっています。

 

昔に比べると手頃にカニが入るようになったということを考えると、
昔に比べて少しカニの価値が下がったと言えるかもしれませんが、それでもカニが提供される場というのは変わっていません。

 

食の多様化で食材にはブームや廃れがありますが、
人気の移り変わりが激しい昨今の食材事情の中でもカニは安定して人気のある食材ということから、
日本では価値のある食材としての地位は揺るいでいないということが分かります。